もうすぐ3月ですが、まだまだ寒い日が続きますね。今回はゴールデングラブ賞2回受賞しているなど、守備の名手・東北楽天ゴールデンイーグルスの藤田 一也選手選手から熱いコトダマをいただきました!藤田選手に、プレーや練習への姿勢のお話を聞いた時に出てきたコトダマを、みなさんにお届けします!

東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手

「『練習では自分が一番下手、試合では一番うまい』という気持ちを持つことが大切。練習は嘘をつかない」

 この言葉は、藤田選手が大切にしている考えです。
「これだけ練習したんだからエラーするわけがない、これだけ練習したんだから打てないわけがない、そう思えるぐらいまで練習することが大事だと思います」

 現在、日本のプロ野球界で最も守備が上手いセカンドとして注目される藤田選手の原点ではないでしょうか。

 この言葉以外にも、
・キャッチボールのお話では、「キャッチボールは肩慣らしのイメージがありますが、そうではなくて、守備が上手くなりたいと思いながら、実戦を意識してやることが大事です。基本のように思われますが、実は一番難しいこと。僕もキャッチボールが出来るようになってから、いろいろなことを考えることができました」

 キャッチボールを、投げるコツをつかむ作業だと語ってくださいました。

・プレーの話では、「野球では正解が1つだけではない。汚い形でもアウトはアウト。綺麗な形でもエラーすれば、エラーなんです。だからこそどれだけ早く自分の形を見つけれるか。どんな取り方、投げ方をしてもアウトはアウトです。それは難しいので、いろいろ言われますが、自分の形を見つけて上手くなるのが近道かなと思います」

 型にこだわる傾向が強い野球界において、藤田選手は「自分の形を見つけていくことが大切」と語る。藤田選手の「基本を大事にしながら、独自の動きを編み出す部分」を垣間みた言葉でした!

・練習への姿勢を聞くと、
「大久保 博元監督が、『打てたのはお前が練習をしているから、打てなかったのはどこかで気を抜いている、1スイングをさぼっている』と語っていました。本当にそうだと思いますし、ただこなすだけではダメ。『上手くなりたい』という目的意識が明確にあることによって実のある練習になってきます。やる気のない100スイングより、やる気のある10スイングができたほうが全然いいと思います」

 と、常に実戦を意識した練習が大事だとメッセージをいただきました!

 1つ1つの言葉に、裏付けられた藤田選手の努力を垣間みる、そんなコトダマを今回は紹介させていただきました!

藤田選手のインタビュー記事はこちら!
「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」