【野球部訪問】
大阪桐蔭の細やかさを実感。初の聖地目指す綾羽は春に大きな収穫【後編】

 春季大会で初めて滋賀の頂点に立った綾羽。近畿大会でも大阪桐蔭相手に5対7と善戦し、この夏は甲子園初出場が期待されている。

 野球部のグラウンドは草津市の学校から約5キロ離れた栗東市にある。選手たちは授業を終えると、自転車でグラウンドへと向かう。広さは両翼98メートル、センター122メートルと試合をするにも十分な広さだ。

 チームを指揮するのはOBでもある32歳の千代純平監督。高校時代は主将として2005年秋の近畿大会に出場し、PL学園前田 健太(ツインズ)と対決した。田中鉄也元監督の下でプレーした3年間は甲子園にこそ出場できなかったが、充実した期間だったと振り返る。

(続きを読む)