【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
学年1位が2人も在籍!文武両道を実践する川越東の勉強術

 文武両道―。近年では多くの学校で目標として掲げているが、これをハイレベルで実現しているのが全国屈指の激戦区・埼玉の川越東だ。昨年は野球部員から初めて東大の現役合格者を1人輩出。昨年の秋季大会でも県大会ベスト8進出を果たしている。

 そんな川越東の選手たちはいかにして2つの道を極めているのか。今回は今年のチームを代表して山田蒼一郎選手と新井 大悟選手の2人に文武両道の秘訣を聞かせてもらった。

(続きを読む)


関連記事はこちら!
勉強嫌いな球児でも文武両道で東大野球部に入るための4つの法則 東京大野球部 前監督・浜田一志さん
沖縄出身初の東京大野球部員 島袋祐奨(東京大)の「文武両道」を続けるための思考法