【野球部訪問】
「公式戦は勝つもの」昨秋3決で涙を飲んだ東山(京都)が春にかける思い

 岡島 秀樹(元レッドソックスなど)ら数々のプロ野球選手を輩出し、春4回、夏4回の甲子園出場経験を持つ東山。2002年夏を最後に甲子園から遠ざかっているが、一昨年秋の近畿大会に出場するなど、激戦区の京都府において近年も安定して上位に顔を出している。

 昨秋はセンバツに出場した京都国際に3位決定戦でサヨナラ負けを喫し、あと一歩で近畿大会出場を逃した。夏は19年ぶりの甲子園出場を果たすべく、日々の練習に取り組んでいる。

(続きを読む)