【野球部訪問】
「谷間の世代で強くない」九州王者・大崎の清水監督が語る本音と使命とは

 昨秋、九州大会を制した長崎県・大崎。離島にしてつい3年前までは部員は僅か5人、さらに初戦が九州大会決勝の再戦となる福岡大大濠に決まったことなど、話題づくしの選抜甲子園初出場となった。

 だが清水央彦監督をはじめとする選手は皆、どこか俯瞰したように「谷間の世代」、「ここまで行けると思ってなかった」と口にする。その真意、そして選抜甲子園での戦いを彼らはどのように考えているのだろうか。

(続きを読む)