【大会展望コラム】
神村学園軸に優勝争いか?本日開幕・春季鹿児島県大会の見どころ

 第148回九州地区高校野球大会鹿児島県予選の組み合わせ抽選会が3月7日にあり、連合5チームを含む59チーム70校の対戦カードが決まった。

 大会は20日に鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で開幕。4月3日(準決勝前日の1日は休養日)まで熱戦を繰り広げる。開会式は行わない。今大会の上位2校が九州大会(4月24―30日・大分)に出場する。3回戦までは昨秋同様無観客(控え部員、保護者、学校職員等は可)、準々決勝以降は、一般客も氏名・連絡先等を記入し、感染対策に協力した上で入場も可となった。

 昨年は新型コロナの影響で春の県大会以降の大会が中止になったが、今年は今のところ例年通りに近い「球春」を迎えることができそうだ。

 組み合わせを4つのパートに分けて展望を紹介する。

(続きを読む)

関連記事
【鹿児島】神村学園、樟南の初戦は?春季大会の組み合わせが決定!
【九州】沖縄から熱戦開幕!全8県の夏の大会日程一覧
鹿児島ナンバーワン左腕など鹿児島注目の7人の逸材たち