【野球部訪問】
名伯楽も期待する高野山の投打のキーマンを紹介!【後編】

 高野山真言宗が母体となっている和歌山の高野山高校。野球部は1966年春と1988年夏に甲子園出場経験のある強豪で、近年も2015年と2016年に秋の近畿大会に出場している。

 その名の通り、学校は高野山の山中にある。南海電鉄の極楽橋駅からケーブルカーで高野山駅まで登り、そこからバスで10分ほど行くと、高野山高校に到着する。

 今回はそんな高野山高校訪問の後編をお届けする。

(続きを読む)