岡山のダークホース候補?秋予選敗退の美作が注目される理由とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.18

【冬が僕らを強くする2021】
岡山のダークホース候補?秋予選敗退の美作が注目される理由

 校訓として『白梅精神』を掲げて1915年より学校が創立された美作。岡山県美作市に学校を構えており、9つのコースに分かれているなど生徒の学びたいものを選ぶことが出来るのも特色の1つ。

 また各部活動がSNSによる広報活動を積極的に行っており、野球部も先日からインスタグラムを始め、日々の取り組みを伝える取り組みを行っている。そんな美作をここまでけん引してきたのは岩本虎亜と里見明飛の2人だ。

(続きを読む)



【関連記事】
第24回 岡山のダークホース候補?秋予選敗退の美作が注目される理由【冬が僕らを強くする2021】
甲子園中止を受けて各都道府県の高校野球連盟の対応とは? 【ニュース - コラム】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】
日程をずらしても開催できるよう調整進める!岡山県は代替大会開催の方向を示す 【ニュース - 高校野球関連】
第735回 中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー 【2018年インタビュー】
第511回 執念で甲子園出場を! 6年ぶりの出場を狙う名門・倉敷商(岡山)の課題【野球部訪問】
第647回 近年は新鋭の台頭!群雄割拠の“岡山春の陣”【大会展望・総括コラム】
第9回 ヤンキース岡山 創立8年目の“若い”チームが掲げる勝利と育成の両立【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第667回 田淵 一樹(ヤンキース岡山)最速141キロを誇る快速中学生が思い描く高校野球生活 【2018年インタビュー】
岡山県共生 【高校別データ】
美作 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
北海道にいた日本代表経験者・堀川怜央(札幌第一)本州のライバルたちに負けない投球で神宮を目指す!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る