部員18名の秋4強・相馬東(福島)の名物練習とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.16

【冬が僕らを強くする2021】
部員18名の秋4強・相馬東(福島)の逸材

 創立110年以上という伝統を持つ相馬東。自律、共生、創造の3つを校訓に掲げて教育にあたっており、野球部は部員18名ではあるが、昨秋は県大会ベスト4進出。東北大会を逃したものの、春先も躍進が大いに期待されるチームの立役者となったのがエース・笠松 航汰だ。一番自信があるという力のあるストレートは134キロが最速だが、コントロール重視の安定した投球を秋の大会は心がけ、打たせて取ることで攻撃陣にリズムを作った。

(続きを読む)


【関連記事】
第19回 部員18名ながら秋4強・相馬東(福島)の立役者たちの決意【冬が僕らを強くする2021】
【岩手】1年生交流試合は盛岡大附が優勝!<3日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【東北大会】仙台育英が宮城県勢対決を制す!柴田を下し2年連続11回目の頂点!<20日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
八戸西vs福島商【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
第15回 ふたば未来学園(福島県) 「創部5年の新鋭校!明るく楽しく、キツい時こそ笑顔で!」【冬が僕らを強くする2020】
福島商vs堀越【2019年 練習試合(交流試合)・夏】
第28回 聖光学院(福島)【13年連続16度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第6回 福島商(福島)「選手一人一人が夏、春までの目標を真剣に考える」【冬が僕らを強くする2019】
第23回 県立湯本高等学校(福島)【冬が僕らを強くする2018】
聖心ウルスラvs福島【宮崎県 2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会】
鵬翔vs福島【宮崎県 2016年夏の大会 第98回選手権宮崎大会】
都城vs福島【宮崎県 2016年 第63回宮崎県高等学校野球選手権大会県南地区予選】
石川 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
川口 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
相馬東 【高校別データ】
遠野 【高校別データ】
富岡 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
若松商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
大学選手権開幕!東海大北海道は出場辞退
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る