市立校とは思えない充実ぶり!市立沼津に迫る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.16

【冬が僕らを強くする2021】
初動負荷など充実の施設、メソッド揃う市立校・市立沼津

 攻撃型のスタイルがウリとなる今年の市立沼津において、1番打者として引っ張るのが平井 友清。160センチ64キロと小柄ではあるが、力強い打球を飛ばして打線に勢いを与える。さらに守備では広大な守備範囲と捕球技術でピッチャーを支えてきた。走攻守3拍子揃った選手として春以降も期待される。

(続きを読む)


【関連記事】
第18回 初動負荷など充実の施設、メソッド揃う市立校・市立沼津【冬が僕らを強くする2021】
新鋭・JPアセット証券の採用選手から見えた傾向とは 【ニュース - 高校野球関連】
【静岡】プロ注投手擁する静岡の初戦は?2地区で春の組み合わせが決定 【ニュース - 高校野球関連】
第1032回 3強は藤枝明誠・加藤学園・常葉菊川か 東海地区の2021年高校野球を占う!【静岡編】【大会展望・総括コラム】
第1031回 昭和の名門・県岐阜商の復権。東海地区の2021年高校野球を占う【岐阜、三重編】【大会展望・総括コラム】
第160回 中京大中京が連覇を成し遂げた「群雄割拠」東海地区の3大ニュースを振り返る【高校野球コラム】
第1024回 7回制で戦った静岡、2人のプロ野球選手が生まれた岐阜の高校野球を振り返る【東海地区・後編】【大会展望・総括コラム】
三島南vs静岡【静岡県 2020年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
東海大静岡翔洋vs科学技術【静岡県 2020年夏の大会 夏季静岡県高校野球大会】
静岡商vs星陵【静岡県 2020年夏の大会 夏季静岡県高校野球大会】
東海大静岡翔洋vs科学技術【静岡県 2020年夏の大会 夏季静岡県高校野球大会】
藤枝明誠vs加藤学園【静岡県 2019年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第426回 県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」  【2016年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
小山 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
市立沼津 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
森 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
昨年ファーム卒業級の八百板卓丸(聖光学院出身)。勝負に成功し、支配下登録へ!
次の記事:
沖縄電力の最速149キロ右腕・内間 敦也(コザ出身)が横浜DeNA相手に2奪三振の快投!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る