選手9名でも一流のメソッドで成長する徳島の新鋭に迫る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.12

【冬が僕らを強くする2021】
選手9名でも一流のメソッドで成長する徳島の新鋭・阿波

 チーム史上初の夏の大会決勝進出を目指す阿波には、3人のキーマンが存在する。練習試合28試合でOPS1.110という圧巻の数字を残して打線の要を担う近藤大伸主将。その近藤を副将として支え、ピッチャーとしては回転数2200を超える伸びのあるボールと勝負強さが光る竹内誠悟。そして2度の入院から復活を遂げ、ベースランニングは県5位の14.22秒とチーム1の韋駄天・阿部慶己の3人が中心に座る。

(続きを読む)


【関連記事】
【徳島】昨秋V鳴門らの初戦は?春の組み合わせが決定! 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 選手9名でも一流のメソッドで成長する徳島の新鋭・阿波【冬が僕らを強くする2021】
徳島ISの190センチの豪腕・森祐樹(有明出身)が退団 【ニュース - 高校野球関連】
阿南光vs池田【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
名西vs富岡西【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
徳島商vs那賀【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第21回 鳴門高等学校(徳島)【2年連続13度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第849回 センバツ出場・富岡西に迫るのはどこだ?波乱が巻き起こりそうな春季大会!【大会展望・総括コラム】
四国発
阿波西・吉野川 【高校別データ】
阿波 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
対外試合解禁!市立和歌山の主砲・松川虎生に高校通算32号満塁本塁打!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る