【冬が僕らを強くする2021】
雪上ランニングで稚内大谷(北海道)心身を鍛え上げて春を迎える

 全員で粘り強くつなぐ野球を武器に2021年は戦う稚内大谷。徹底して秋は基本を鍛えてきたが、中心にいるのは内谷 暁鐘捕手。5番に座り、支部予選で満塁ホームランを放つなど、打線を牽引した。また本間監督が期待する春にブレークしそうな4番・久米谷 心も、内谷とともに打線の中心を担う。

 守備では秋のエースだった江刺立騎投手に期待。インコースにボールを投げ込める強気な投球が江刺も持ち味だが、秋はそれを十分に発揮できなかった。チームのエースとして春こそは強みを存分に発揮できるか注目される。

(続きを読む)