【恩師が語る】
登校前の朝練を三年間継続 中学時代の恩師が語る高橋周平

 中日ドラゴンズの主将に就任して、3年目のシーズンを迎える高橋 周平選手。プロ7年目の2018年に128試合に出場して初の規定打席到達を果たすと、2019年はベストナイン、ゴールデングラブを獲得。さらに昨年は自身初の打率3割台を記録し、中日ドラゴンズの「顔」として今年は更なる活躍が求められる。

 そんな高橋選手は、中学時代の3年間を神奈川県の強豪・湘南ボーイズ(湘南クラブ)で過ごした。8歳年上の兄が同チームに所属していた流れで、高橋選手も入団することになったが、チームを率いて20年になる田代 栄次監督は「当時は特別な選手ではなかった」と懐かしむ。


関連記事
神ドラフトになりそうな2019年中日ドラフト!石川、郡司ら7人全員がトッププロスペクト!
石川昂、石垣、石橋、根尾、岡林などワクワク感満載の22歳以下の中日の若手野手たち
高橋宏斗(中京大中京)、土田龍空(近江)などの指名により2020年代以降の中日はワクワク感満載