なぜ大学以上のステージで活躍できる選手を福知山成美は輩出できるのか

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.03

ランメニューに打ち込む選手たち

【野球部訪問】
大学で活躍する選手を次々と輩出する福知山成美の短時間練習の方針【前編】

 春夏合わせて7度の甲子園出場経験を誇る福知山成美。OBでは島本 浩也(阪神)と桑原 将志(DeNA)が現役のプロ野球選手として活躍している。

 現在は新型コロナウイルスの影響で練習を制限されている高校が多いが、福知山成美も例外ではない。練習時間は1日2時間以内という制約があり、取材日はいくつかの班に分かれて練習を行っていた。

 だが、福知山成美は元から練習時間が比較的短いチームであり、授業のない日でも全体練習が半日で終わることが多い。コロナ禍において比較的影響を受けなかったチームであるとも言えるだろう。

(続きを読む)



関連記事
【速報】センバツ出場校発表!32校の顔ぶれは?
2019年センバツ出場の福知山成美の主力選手は関西の強豪大学リーグばかり!
ヤクルト西田明央の弟などが在籍!2014年センバツ8強・福知山成美ナインのその後

【関連記事】
3年連続選出の明豊「日本一」で逆境下の地元に活気を 【ニュース - コラム】
第171回 逆境下「別府に活気を」明豊指揮官が宿した執念【野球部訪問】
独自のアイテムでパワーアップ!6年連続甲子園出場を狙う花咲徳栄の冬の取り組み 【ニュース - コラム】
第170回 6年連続甲子園出場を狙う花咲徳栄。選手の進化を支える独自のアイテムとは【野球部訪問】
第169回 1週間で600球。140キロ投手揃いの県立岐阜商の投手陣が実践する投げ込みの真意とは【野球部訪問】
第168回 W主将制を導入する福知山成美は19年春以来の聖地目指す【後編】【野球部訪問】
第168回 大学で活躍する選手を次々と輩出する福知山成美の短時間練習の方針【前編】【野球部訪問】
立命館宇治vs福知山成美【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
福知山成美vs乙訓【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
立命館宇治vs久御山【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
京都外大西vs立命館【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
福知山成美vs京都翔英【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
福知山成美 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
18年1位清水昇がブレイク!先発陣は高奪三振率の高橋奎二に期待!
次の記事:
プロ注目投手4名など全国レベルの投手が集結!東洋大新入生9投手がすごい!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る