「お前らならできるぞ」神戸弘陵(兵庫)が報徳学園撃破に至った背景とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.21

グラウンドに掲げられた『執念』の2文字

【野球部訪問】
なぜ県8強・神戸弘陵(兵庫)はライバル・報徳学園にリベンジ出来たのか【後編】

 甲子園のお膝元であり、全国でも有数の激戦区である兵庫県。昨秋の県大会では神戸国際大附が頂点に立ち、近畿大会ベスト8まで勝ち進んだ。他にも明石商東洋大姫路など実力校が揃う地区だが、そのなかの1つである報徳学園を破ったのが神戸弘陵だった。

 旧チームは野島 勇太を擁していたが、これまでにも飯田 優弥などプロ野球選手を輩出している実力校だが、いかにしてライバル・報徳学園を破ったのか。

 後編では県大会の歩みを中心に振り返っていく。

(続きを読む)



関連記事
報徳学園に勝つために神戸弘陵(兵庫)が始めた日本一の下克上【前編】
真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは
来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!

【関連記事】
3年連続選出の明豊「日本一」で逆境下の地元に活気を 【ニュース - コラム】
第171回 逆境下”別府に活気を”明豊指揮官が宿した執念【野球部訪問】
独自のアイテムでパワーアップ!6年連続甲子園出場を狙う花咲徳栄の冬の取り組み 【ニュース - コラム】
第170回 6年連続甲子園出場を狙う花咲徳栄。選手の進化を支える独自のアイテムとは【野球部訪問】
第169回 1週間で600球。140キロ投手揃いの県立岐阜商の投手陣が実践する投げ込みの真意とは【野球部訪問】
第168回 W主将制を導入する福知山成美は19年春以来の聖地目指す【後編】【野球部訪問】
第168回 大学で活躍する選手を次々と輩出する福知山成美の短時間練習の方針【前編】【野球部訪問】
第1039回 ジャイアンツカップ優勝投手として一躍話題!島野愛友利が女子高校野球の門を叩いた 【2019年インタビュー】
神戸国際大附vs神戸弘陵【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
神戸弘陵vs市立尼崎【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
科学技術vs神戸弘陵【兵庫県 2015年夏の大会 第97回選手権兵庫大会】
市川vs神戸弘陵【兵庫県 2014年秋の大会 平成26年度秋季兵庫県高校野球大会】
報徳学園vs神戸弘陵【兵庫県 2012年夏の大会 第94回選手権兵庫大会】
神戸弘陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
9年ぶりゴールデングラブ賞受賞の青木宣親(日向出身)の成長が止まらない!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る