【野球部訪問】
「上手さ」を「強さ」に。國學院栃木が夏を突破するためのキーワード

 これまで計5度の甲子園出場実績がある國學院栃木。過去には小関竜也氏(元西武など)や渡辺俊介氏(元ロッテなど)など4名のプロ野球選手も輩出しており、この秋は秋季栃木県大会優勝を果たした。

 秋季関東地区大会でも準々決勝に進出し選抜甲子園出場の可能性を残すが、柄目直人監督は「今のままでは夏に勝つことはできない」と危機感を強める。國學院栃木もご多分にもれず、活動自粛期間の影響で十分に練習が積めていなかったためだ。

(続きを読む)