ノートは贅沢に使う!県内屈指の進学校・畝傍(うねび)高校野球部員の勉強法

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.29

畝傍の選手が実践する勉強法とは?

【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
ノートは贅沢に使う!県内屈指の進学校・畝傍(うねび)高校野球部員の勉強法

 今秋の奈良県大会で3位に入り、センバツの21世紀枠推薦校に選ばれた畝傍。県内屈指の進学校として知られており、昨年度は京大や阪大をはじめ、233人の国公立大合格者を生み出している(過年度卒を含む)。

 野球部員の約8割は塾に通っており、高いレベルでの文武両道を実践している。今回は秋の躍進の立役者となった太田 佑音投手(2年・文系)と根来 瑛捕手(2年・理系)の二人に学力を向上させるためのコツを聞いてみた。

(続きを読む)

◆オンライン学習スクール「Baseball Study」の詳細はこちら!◆



関連記事はこちら!
勉強嫌いな球児でも文武両道で東大野球部に入るための4つの法則 東京大野球部 前監督・浜田一志さん
沖縄出身初の東京大野球部員 島袋祐奨(東京大)の「文武両道」を続けるための思考法

【関連記事】
第14回 球児の文武両道を応援!受験勉強はまず何から取り組むべきか?【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
第13回 この秋奈良3位!21世紀枠推薦校・畝傍(うねび)の国立大志望球児が実践するノートの取り方【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
21世紀枠の近畿地区の推薦はまさに激戦!畝傍、山田、東播磨の3校に注目! 【ニュース - 高校野球関連】
天理、智辯学園の好投手を討つ 21世紀枠推薦校・畝傍、悲願の甲子園初出場に向けて【後編】 【ニュース - コラム】
第118回 強豪私学の好投手を討つ 21世紀枠推薦校・畝傍、悲願の甲子園初出場に向けて【後編】【野球部訪問】
第117回 強豪・奈良大付撃破!文武両道を実践する畝傍(うねび)のコンパクトな練習【前編】【野球部訪問】
第12回 「一夜漬けは絶対にしない」 都立で最も強い小山台の成績No.1のレギュラーが実践する勉強術【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
天理vs畝傍【奈良県 2014年春の大会 平成26年度春季奈良県大会】
天理vs畝傍【奈良県 2012年夏の大会 第94回選手権奈良大会】
智辯学園vs畝傍【奈良県 2011年秋の大会 奈良県秋季大会】
畝傍vs郡山【奈良県 2011年夏の大会 第93回奈良大会】
天理vs畝傍【奈良県 2010年夏の大会 第92回奈良大会】
畝傍 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
格闘家転身の相内誠、引退した野田昇吾など20代で現役引退を表明したプロ野球選手たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る