過去4度の甲子園出場!栃木の強豪・白鴎大足利のバッティング練習は個性的?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.18

白鴎大足利の練習に迫る!

【野球部訪問】
4度甲子園に出場した白鴎大足利(栃木)打ち勝つべく取り組む5つのバッティング練習【前編】

 旧校名の足利学園時代に2度、白鷗大足利になってからも2度と計4度の甲子園出場の実績を持つ白鷗大足利北浦 竜次投手(日本ハム)や大下 誠一郎選手(オリックス)といったプロ野球選手も輩出しており、栃木県内では常に上位進出を狙える位置につけてる。

 だが夏はここまで作新学院に9年連続での甲子園出場を許しており、この秋も準々決勝で青藍 泰斗に1対3で敗れるなどあと一歩のところで壁を破ることが出来ていない。新チームの戦力と現在地、そして夏への思いを伺った。

(続きを読む)

【関連記事】
「お前らならできるぞ」神戸弘陵(兵庫)が報徳学園撃破に至った背景とは? 【ニュース - コラム】
第168回 なぜ県8強・神戸弘陵(兵庫)はライバル・報徳学園にリベンジ出来たのか【後編】【野球部訪問】
過去5度の甲子園出場!神戸弘陵(兵庫)の転機となった一戦とは? 【ニュース - コラム】
第167回 報徳学園に勝つために神戸弘陵(兵庫)が始めた日本一の下克上【前編】【野球部訪問】
第168回 緊急事態宣言で練習時間の影響は必至。90分で11メニューをこなす都立小山台から学べること【野球部訪問】
第167回 元プロが率いる鹿児島城西(鹿児島)が2度目の甲子園のために直面する課題【野球部訪問】
第127回 10点勝負の超乱打戦で郡山(奈良)は県の頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
宇都宮南vs白鴎大足利【栃木県 2011年春の大会 栃木県大会】
白鷗大足利 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
現役続行を目指してトライアウトに臨む元甲子園球児たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る