【野球部訪問】
日体大荏原(東京)が大切にする理念。甲子園は凡事徹底をやり切った選手へのご褒美【後編】

 創部して110年を超える歴史を持つチームであり、東東京では上位に入る実力を持つ日体大荏原。前身の日体荏原時代にはプロ野球選手を輩出した実績を持っており、現在は都立雪谷時代に甲子園出場した相原 健志監督がチームをまとめる。

 鈴木 優(現オリックス・バファローズ)を教え子に持っており、日体大荏原と校名が変わる2016年からチームの指揮を取るようになったが、5年目を迎えた2020年は転機を迎えつつあった。

 後編は、指揮官・相原 健志監督の指導にも迫っていきたい。

(続きを読む)