シートノックの後にもぐもぐタイム!?東広島ボーイズが大切にする高校への土台

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.05

東広島ボーイズのノックの様子

【野球部訪問】
挨拶・礼儀の徹底に1日2度の補食による体作り。東広島ボーイズ(広島)が大切にする高校への土台

 広島県東広島市河内町の入野グラウンドで活動する東広島ボーイズ。チームとして40年以上の歴史があり、大阪近鉄バファローズや東北楽天ゴールデンイーグルスで活躍した礒部 公一氏を輩出した。3学年で52名の選手が在籍しており、中国地方を中心にOBも各地で活躍を見せている。

 高校野球だけでなく大学野球まで活躍する選手も少なくないが、そこには体作りを大切にする指導方針があった。4代目の監督である森兼博士監督にお話を伺い、また高校野球での活躍が楽しみな3名の主力選手についても紹介していく。


【関連記事】
「お前らならできるぞ」神戸弘陵(兵庫)が報徳学園撃破に至った背景とは? 【ニュース - コラム】
第168回 なぜ県8強・神戸弘陵(兵庫)はライバル・報徳学園にリベンジ出来たのか【後編】【野球部訪問】
過去5度の甲子園出場!神戸弘陵(兵庫)の転機となった一戦とは? 【ニュース - コラム】
第167回 報徳学園に勝つために神戸弘陵(兵庫)が始めた日本一の下克上【前編】【野球部訪問】
第168回 緊急事態宣言で練習時間の影響は必至。90分で11メニューをこなす都立小山台から学べること【野球部訪問】
第167回 元プロが率いる鹿児島城西(鹿児島)が2度目の甲子園のために直面する課題【野球部訪問】
第127回 10点勝負の超乱打戦で郡山(奈良)は県の頂点を目指す【後編】【野球部訪問】

コメントを投稿する

前の記事:
興譲館、西条農など大会で躍進を見せている各県の新鋭たち【中国】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る