【野球部訪問】
修徳中のエッセンスを注入し、目指すは8年ぶりの甲子園 修徳【後編】

 これまで計8度の甲子園出場実績を誇り、高橋尚成氏(元巨人など)や中日ドラゴンズの三ツ俣 大樹選手など計13名のプロ野球選手も輩出する東東京の名門・修徳

 2018年冬に前任の阿保暢彦監督(松山城南監督)から引き継ぎ、これまでコーチ、部長としてチームを支えた荒井高志氏が監督に就任し、間もなく新体制となって3年目を迎える。
 後編の今回は躍進への鍵を握る主力選手を紹介し、また荒井監督が修徳中学から学んだことを紹介していく。

(続きを読む)