11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.04

紅白戦でサインを出す花井彗汰主将(左から2番目)

【高校野球コラム】
11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】

 新チームの主将を務めているのは花井 彗汰(2年)。実は旧チームの時も下級生ながら主将を任されていた時期がある。控えの選手ではあるが、「上手くなりたい、勝ちたいという意欲は非常に高い」(上羽監督)と取り組む姿勢を評価しての抜擢だった。練習中も他の部員に声掛けをしながら常に率先して動いており、リーダーシップを強く感じさせる主将だ。

(続きを読む)


【関連記事】
高校通算36本塁打の主砲、全国経験した遊撃手など日体大新入生は投手だけではなく、野手も逸材揃い! 【ニュース - 高校野球関連】
最後の夏、甲子園出場できなかった大野雄大(京都外大西出身)と高橋周平(東海大甲府出身)8年ぶりAクラス入りへ活躍中! 【ニュース - 高校野球関連】
第1049回 11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】【野球部訪問】
第1048回 再浮上の兆し見せる京都外大西がコロナ禍で見出した新たな練習スタイル【前編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1097回 ポイントは回転にアリ!高校通算36本塁打・山下航汰(京都外大西)が細身でも長打を連発できるわけ 【2020年インタビュー】
京都国際vs神戸国際大附【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1097回 高校通算36本塁打の万能プレーヤー・山下航汰(京都外大西)がプロ入りへ取り組んだ試行錯誤の日々【前編】 【2020年インタビュー】
京都国際vs和歌山東【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
東京都市大塩尻vs加茂暁星【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
京都国際vs東山【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第1014回 京都の名門・龍谷大平安は自粛期間をどう過ごしたのか?秋までの軌跡と夏の展望に迫る【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第946回 ホームランへのこだわりを秘め、プロ入りを視野に新たな挑戦も 山下航汰(京都外大西)【後編】 【2019年インタビュー】
第944回 9年ぶりの甲子園へ!名門復活を託された主砲・山下航汰(京都外大西)【前編】 【2019年インタビュー】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
大谷 【高校別データ】
海洋 【高校別データ】
桂 【高校別データ】
京都外大西 【高校別データ】
京都教大附 【高校別データ】
京都共栄 【高校別データ】
京都産大附 【高校別データ】
京都精華学園 【高校別データ】
京都一商 【高校別データ】
府立工業 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
田辺 【高校別データ】
塔南 【高校別データ】
東稜 【高校別データ】
鳥羽 【高校別データ】
農芸 【高校別データ】
花園 【高校別データ】
京都 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
福山大初のドラフト指名・山﨑 友輔(玉野商出身) 「想い」を力に巨人育成10巡目からの飛躍誓う!
次の記事:
東京ヤクルト・奥川恭伸(星稜出身)はWHIP0.67、オリックス・前佑囲斗(津田学園出身)は奪三振率10.5をマーク!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る