【高校野球コラム】
11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】

 新チームの主将を務めているのは花井 彗汰(2年)。実は旧チームの時も下級生ながら主将を任されていた時期がある。控えの選手ではあるが、「上手くなりたい、勝ちたいという意欲は非常に高い」(上羽監督)と取り組む姿勢を評価しての抜擢だった。練習中も他の部員に声掛けをしながら常に率先して動いており、リーダーシップを強く感じさせる主将だ。

(続きを読む)