【高校野球コラム】
再浮上の兆し見せる京都外大西がコロナ禍で見出した新たな練習スタイル【前編】

 2005年夏に甲子園準優勝の実績がある京都外大西。2010年夏以降は甲子園から遠ざかっているが、最近の成績は上向きで、再浮上の機運が高まっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、異例だらけとなった今年の高校野球。京都外大西も多くの学校と同じように活動再開できたのは6月からだった。

(続きを読む)