夏ベスト4の東亜学園が毎年好投手を軸とした守備力に定評がある理由とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.17

【野球部訪問】
東亜学園(東京)が毎年好投手擁する堅守のチームに仕上げられるワケ【後編】

 過去に3度の甲子園を経験し、今夏の東東京大会では優勝した帝京と準決勝で激突。敗れ亜はしたものの、7回まで1点リードする展開で王者を苦しめたのが東亜学園

 男子バレー部は全国制覇8度を誇る屈指の実力を持っており、野球部も毎年注目集める実力校として有名だが、グラウンドに行くと強豪とは少し違った印象を受けた。

 前編では打線に注目をしてきたが、今回の後編では守備にスポットを当ててチームを紹介していきたい。

(続きを読む)



関連記事
小園海斗を目標に春から報徳学園へ!荒木颯太(熊本泗水ボーイズ)が振り返る中学野球
【動画】イップスに入院...苦難を乗り越えて 報徳学園を甲子園ベスト8に導いたあの左腕の今
秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得

【関連記事】
日本学園vs東亜学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東亜学園vs都立八王子北【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1047回 東亜学園(東京)が毎年好投手擁する堅守のチームに仕上げられるワケ【後編】【野球部訪問】
福岡王者まであと1勝とした福岡大大濠。目指すは「納豆のように粘り強い野球」 【ニュース - コラム】
夏の東東京大会4強入り!強豪・東亜学園の強力打線の秘密に迫る! 【ニュース - コラム】
第1047回 東亜学園(東京)どのようにして高い打力を身につけていくのか【前編】【野球部訪問】
第1036回 強い公立校を実現していく市立川越 「愛される野球部」を目指して【後編】【野球部訪問】
第1035回 強い公立校を実現していく市立川越 新たな思いでスタートした新チーム【前編】【野球部訪問】
第1034回 強豪私学とも渡り合う兵庫の公立進学校。長田に宿る「文武両道」を地で行く精神【野球部訪問】
帝京vs東亜学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
東亜学園vs実践学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
東亜学園vs城西大城西【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第856回 キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力 【2018年インタビュー】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第812回 目指すは王者の風格!1人の高校生としても成長を誓う、東亜学園主将・岩本翼 【2018年インタビュー】
第810回 目指すは杉内俊哉!東亜学園エース・細野晴希が目指す投手像 【2018年インタビュー】
東亜学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【動画】2020年ドラフト指名選手を一挙紹介!ドラ1指名現場からの映像もお届け【指名一覧】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る