• トップ
  • 大阪
  • ニュース
  • コラム
  • PL学園で主将・コーチを務めたふじ清・清水孝悦社長。PLの武骨な精神は、寿司を握ることで今も生き続ける 

PL学園で主将・コーチを務めたふじ清・清水孝悦社長。PLの武骨な精神は、寿司を握ることで今も生き続ける 

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.30

ふじ清・清水孝悦社長(PL学園OB)

【人生で大切なことは高校野球から教わった】
PL学園で主将・コーチとして培った武骨な精神は、寿司を握ることで今も生き続ける ふじ清・清水孝悦社長(PL学園OB)

 大阪・藤井寺駅から徒歩3分。藤井寺一番街商店街のアーケード内に、かつて甲子園を沸かせた豪傑たちから、こよなく愛される寿司店がある。

 店名は「ふじ清」。
 テイクアウトが中心だがカウンター席も少数あり、店内は地元民や常連客で賑わっている。

 この老舗を経営するのが、清水孝悦さんだ。
 清水さんは栄華を誇ったPL学園野球部の出身で、3年時には主将として春夏連続で甲子園準優勝を経験。大学卒業後もコーチとして14年間グランドに立った。

 松井稼頭央(埼玉西武2軍監督)に福留孝介(阪神タイガース)、平石洋介(福岡ソフトバンクコーチ)や今江敏晃(東北楽天コーチ)とプロに送った教え子は数多く、オフシーズンには現在でも多くのOBが清水さんの元を訪れる。

 今回はそんな清水さんに、経営者の視点からPL学園での3年間を振り返っていただいた。
 熾烈なレギュラー競争にひりつくような寮生活、そして主将として2度の甲子園準優勝に導いた経験は、経営者である現在にどんな影響を与えたのだろうか。

(続きを読む)

【目次】
[1]小学校4年から「決められていた」PL学園への道
[2]先輩投手が喜ぶことを考えて掴んだ正捕手の座
[3]見守るとは「タイミングを見る」こと
[4]嘘をつかない高校野球にして欲しい


関連記事はこちら!
エースとして挑戦し続けた経験が社長業に繋がる 株式会社ケーロッド社長・久礼亮一(聖望学園OB)
甲子園という強固な理念があるからこそ「もっとやれた高校野球」 岩倉高校OB・後尾和男社長(新灯印刷株式会社)
元中京大中京OB・西川世一氏(株式会社エスプライド社長)が語る、高校野球が教えてくれたこと

【関連記事】
立浪二世と騒がれた吉川大幾(PL学園出身)も戦力外に 【ニュース - 高校野球関連】
サイヤング賞候補・前田健太がエースで躍進!2006年選抜4強入りのPL学園メンバーのその後 【ニュース - 高校野球関連】
第11回 PL学園で主将・コーチとして培った武骨な精神は、寿司を握ることで今も生き続ける ふじ清・清水孝悦社長(PL学園OB)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
第1046回 大阪の公立の雄・汎愛に入った「PL学園の血」。ソフトボールの塁間を用いるなど練習は工夫だらけ【野球部訪問】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1回 智辯和歌山 名誉監督・高嶋仁氏 ×PL学園元監督 中村順司氏 「練習時間の短縮化」と「野球人口減少」を名将たちはどう考えるのか?【変わりゆく高校野球】
第9回 球史に名を刻む名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限【球数制限問題】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
大体大浪商vsPL学園【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs上宮太子【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
大阪桐蔭vsPL学園【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【ドラフト指名一覧・福岡ソフトバンクホークス】50本塁打スラッガー・井上朋也(花咲徳栄)はじめ、本指名全員が高校生!将来性ある逸材たちを続々指名!
次の記事:
最速154キロ右腕・木澤尚文ら即戦力を中心に獲得した東京ヤクルト。奥川-内山の星稜バッテリー実現も期待!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る