復権を狙う「前商」。強豪私学に触発された走塁改革で狙うは11年ぶり甲子園

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.24

11年ぶりの甲子園を狙う前橋商の取り組みに迫る

【野球部訪問】
復権を狙う「前商」。強豪私学に触発された走塁改革で狙うは11年ぶり甲子園

 群馬の高校野球といえば、長らく公立校が牽引してきた。甲子園準優勝2回経験ある桐生、さらに「タカタカ」と愛称で親しまれた高崎。そして前橋商も長く、群馬を牽引してきた公立校だ。
 2010年から前橋育英健大高崎の2強時代が長く続いたが、今年は1999年、群馬県勢甲子園初優勝の桐生第一も加わり、まさに戦国時代へと化した。

 その中にあって、前橋商は私学3強相手に健闘を見せている。
 昨夏は読売ジャイアンツの有望株である井上 温大投手を擁して、決勝進出と甲子園まであと一歩のところまで迫り、今夏も準決勝進出と奮闘。私学勢にも引けを取らぬ実績を残している。

 だが前橋商が目指すのは、あくまで強豪私学を打ち破り甲子園出場を果たすことだ。打倒・私学への取り組みを追った。

(続きを読む)


関連記事
美しいフォームは天性のもの 巨人・井上温大(前橋商出身)を飛躍させた2つの転機とは。
【日程・結果一覧】秋季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選
【トーナメント表】健大高崎や前橋育英など秋季群馬県大会の組み合わせは?

【関連記事】
数値から見る高卒新人投手たちの現在地。頭一つリードの宮城大弥、制球力が出色の及川、中田、井上 【ニュース - 高校野球関連】
秋季関東大会組み合わせ決定 今回は無観客で実施のため、ファンは理解を! 【ニュース - 高校野球関連】
前橋商vs桐生第一【群馬県 2020年秋の大会 群馬県秋季大会】
第138回 伝統的な守り中心の野球を掲げる前橋商。3人のキーマンを中心に2010年夏以来の聖地目指す【野球部訪問】
第1040回 復権を狙う「前商」。強豪私学に触発された走塁改革で狙うは11年ぶり甲子園【野球部訪問】
第1061回 美しいフォームは天性のもの 井上温大(前橋商)を飛躍させた2つのターニングポイントとは。 【2019年インタビュー】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
前橋商vs四ツ葉・玉村【群馬県 2018年夏の大会 第100回選手権群馬大会】
健大高崎vs前橋商【群馬県 2018年春の大会 群馬県春季大会】
第87回 群馬県立前橋商業高等学校(群馬)【僕らの熱い夏2017】
第39回 群馬県立太田東高等学校(群馬)【僕らの熱い夏2016】
健大高崎vs前橋商【群馬県 2015年夏の大会 第97回選手権群馬大会】
太田東vs前橋商【群馬県 2015年春の大会 群馬県春季大会】
井上 温大(前橋商) 【選手名鑑】
前橋商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
堂林翔太が開幕から絶好調! 2009年のドラフトで指名された高卒組は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る