目立たないながらも大きな力を発揮!内転筋群の役割とパフォーマンスを考えよう!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.30

【セルフコンディショニング】
内転筋群の役割とパフォーマンス

 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 学校の再開とともに皆さんのチームでも少しずつ活動の範囲が増えてきたでしょうか。多くの地域で代替案による地方大会が開催されることが決定しています。感染予防に努めながら体力を回復させ、今まで野球を通して培ってきたものを思う存分発揮してほしいと思います。さて今回は体のことについて、特に太ももの内側にある内転筋群の役割とパフォーマンスについてお話をしたいと思います。

(続きを読む)

関連記事
第203回 ケガを長引かせないようにする
第28回 良い睡眠を心がけよう
第226回 暑い時期の練習計画とコンディショニング

【関連記事】
第248回 内転筋群の役割とパフォーマンス【セルフコンディショニングのススメ】
第247回 体重増加とコンディション管理【セルフコンディショニングのススメ】
絶好調男で夏を迎えよう!心技体で考えるコンディション! 【ニュース - コラム】
第49回 できたことができなくなる【遠藤友彦の人間力!】
短距離ダッシュを行う際のポイント 【ニュース - ヘルスニュース】
第1回 投手の負荷の高い登板の<長期的><短期的>影響を考える。【データで楽しむ高校野球】

コメントを投稿する

前の記事:
栃木県が県独自の試合開催発表へ。7月18日開幕を目指す
次の記事:
日本ハムでも稀な存在!野村佑希は高卒2年目のレギュラー奪取となるか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る