離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.05

【高校野球コラム】
離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想

 長崎高等学校野球連盟は第102回全国高等学校野球選手権長崎大会に代替する大会を開催することを表明した。大会の運営にあたって、感染症への対策や障壁となっている点、また「甲子園」という目標が消えた選手への思いとは。
 今回は長崎高野連の黒江英樹理事長にお話を伺った。

(続きを読む)

関連記事
監督が動く!代替大会開催に向けて現場が生み出した「石川モデル」とは?
選手、そして周りの人たちの命と未来を考えて。福岡県高校野球連盟が下した、苦渋の決断の裏側
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!

【関連記事】
7月18日から開幕する福島県。独自の大会開催に対する想いとは? 【ニュース - コラム】
第7回 「出来るように取り組むのが責任」 福島県高野連は選手の想いを叶えるべく尽力する【独自の地方大会特集】
北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む 【ニュース - コラム】
第5回 「高校野球のバーチャル開会式」で加盟校の入場行進が実現!石川モデル第二弾の背景に被災地への思いも【独自の地方大会特集】
第6回 北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む【独自の地方大会特集】
第4回 離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想【独自の地方大会特集】
第3回 全国最多の規模を誇る愛知の独自大会へ向けての構想【独自の地方大会特集】

コメントを投稿する

前の記事:
豊島、完封勝利!雨天により22試合が順延へ【春季大阪府大会・9日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る