【高校野球コラム】
夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた

 今回の第102回全国高等学校野球選手権大会の中止という日本高校野球連盟のからの発表が5月20日に発表された。それを受けた形で、各都道府県連盟ではすぐに独自の開催を検討し始めていった。それらの対応に迫る。

(続きを読む)

【目次】
[1]各都道府県高野連の動きは中止発表前から
[2]独自大会開催に向けて
[3]各地域それぞれの事情を配慮

関連記事
監督が動く!代替大会開催に向けて現場が生み出した「石川モデル」とは?
第114回 選手、そして周りの人たちの命と未来を考えて。福岡県高校野球連盟が下した、苦渋の決断の裏側
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!