和気閑谷(岡山)の球児たちがグラブ制作に携わることになったきっかけとは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.31

高校生がグラブ作りに携わることになった背景は? ※写真提供=和気閑谷柴谷先生

【高校野球コラム】
世界一の男のため。そして地域活性化のため。和気閑谷(岡山)が唯一無二のグラブに携わったワケ【前編】

 まるで自分の身体の一部のように使い、大切に手入れも行い、そしてともに厳しい練習も試合も乗り越える。まさに相棒とも呼べるような存在・グラブ。誰もが使う道具を岡山県の和気閑谷の球児がデザインをしたことが話題となった。

 普段使っているグラブのデザインに携わった背景には何があったのか。そのバックグラウンドを知るべく、和気閑谷の部長である柴谷祐人先生をはじめとした方々にZoomでお話を聞かせてもらった。

(続きを読む)

【目次】
[1]世界一の男の右腕を守りたい一心で始まった
[2]選手だからこそのユニークなアイディアが唯一無二のグラブの原型となった

関連記事
新宿は高校野球の終活へ向けて、3年生のオンラインミーティングが充実
諦めない限り、夢は続く 沖縄の名将たちが球児へあらゆる形でメッセージを送り続ける
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!

【関連記事】
和気閑谷(岡山)の球児たちのアイディアで生まれたグラブとはどんなものか? 【ニュース - コラム】
第116回 障害者専用グラブをデザインした和気閑谷の球児たちが明かす綿密な制作過程【後編】【高校野球コラム】
第115回 世界一の男のため。そして地域活性化のため。和気閑谷(岡山)が唯一無二のグラブに携わったワケ【前編】【高校野球コラム】
「3年生の存在や在り方がチームの鍵」和気閑谷(岡山)は障害者野球チームとの交流も成長の糧に 【ニュース - 高校野球関連】
第362回 【岡山抽選会後 展望】個の関西、創志学園か チームワークで勝負するおかやま山陽にも可能性あり【大会展望・総括コラム】
和気閑谷 【高校別データ】
和気閑谷・瀬戸 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
沖縄はベンチ入りメンバー25名に広げる!7月4日開幕の代替大会の詳細決まる
次の記事:
近藤健介ら5名がNPB入り!春夏連続出場を果たした2011年の横浜戦士のその後は
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る