2年連続センバツ出場の強豪・明豊の川崎絢平監督が3年生へ想いを語る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.22

昨秋九州大会を優勝した明豊


明豊・川崎絢平監督が3年生へ想いを語る。「教育者として生徒の心が折れたままで卒業をさせない」

 5月20日、第102回全国高等学校野球選手権大会・地方大会の中止が決定した。戦後では史上初の決定。今まで味わったことがない事態に、指導者、選手はどう受け止めて、次に動いているのか、今回は昨春の選抜ベスト4に輝き、今春は中止に終わったものの、2年連続のセンバツ出場が実現していた明豊だ。今年は昨秋の九州大会にも優勝し、本気で日本一を目指し、それを狙える戦力を持っていたチームだ。 そんな明豊はどう過ごしているのか。川崎絢平監督に伺った。

(続きを読む)

関連記事
明徳義塾・馬淵史郎監督が 「3年生球児たち」へ語りかけたメッセージ
夏の甲子園の中止を受けて愛媛県高野連「心を痛めております」 21日の運営委員会で独自大会開催を協議
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!

【関連記事】
猛烈な成長続けるヤクルト・濱田太貴。明豊時代に語っていた「17歳の打撃理論」 【ニュース - 高校野球関連】
中村晃が89年世代4人目の1000安打!帝京出身選手では初の快挙 【ニュース - 高校野球関連】
明豊vs県立岐阜商【2020年甲子園高校野球交流試合】
第7回 「出来るように取り組むのが責任」 福島県高野連は選手の想いを叶えるべく尽力する【独自の地方大会特集】
第5回 「高校野球のバーチャル開会式」で加盟校の入場行進が実現!石川モデル第二弾の背景に被災地への思いも【独自の地方大会特集】
第6回 北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む【独自の地方大会特集】
第4回 離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想【独自の地方大会特集】
第3回 全国最多の規模を誇る愛知の独自大会へ向けての構想【独自の地方大会特集】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
常磐大高vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第924回 センバツで開花せよ!アベレージヒッター&ユーティリティプレーヤー・野邊 優汰(明豊)! 【2019年インタビュー】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
優勝候補の龍谷大平安、乙訓がともに3回戦へ!【選手権京都大会・11日の結果】
次の記事:
【兵庫】県大会が開幕!市立尼崎は延長10回を制す!<トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る