秋の兵庫県王者・報徳学園に密着!明石商撃破の裏側と夏への課題とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.06

主将で1番を任される三宅雄雅(新3年)

【野球部訪問】
明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持

 2018年の第100回全国高等学校野球選手権大会で、ベスト8進出を果たした報徳学園
 昨秋は兵庫県大会を制して、ベスト4に進出した2017年以来の選抜甲子園を目指したが、近畿地区大会では初戦で天理に1対7で完敗。自信と課題を残す秋となった。

 チームは勝ち上がっていく中で、どんな成長を遂げ、また春以降に向けてどんな課題を残したのか。就任3年目迎えた大角健二監督、そして主力である三宅 雄雅坂口 翔颯の言葉から紐解いていく。

(続きを読む)

【目次】
[1]期待通りの力を発揮したエースと頭角を現した主将
[2]兵庫県が破れていない「全国ベスト4」の壁を破る


関連記事
【試合レポート】秋季金地区大会で兵庫王者・報徳学園と天理が激突!
報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ
恩師が振り返る広島・小園海斗の成長 プロに行ける素材と確信した瞬間とは?

【関連記事】
元、来田。オリックスに意識もポテンシャルも高いスラッガーが続々加入 【ニュース - 高校野球関連】
明石商・中森俊介が仮契約!即戦力度は近年のロッテの高校生投手ならばナンバーワン! 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs乙訓【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1266回 中森とともに36年ぶりの公立校複数ドラフト1位をあるのか?超高校級スラッガー・来田涼斗(明石商)の決意【後編】 【2020年インタビュー】
第1268回 超高校級右腕・中森俊介が明かす変化球5種類を徹底解説!【後編】 【2020年インタビュー】
第1266回 超高校級のスラッガー・来田涼斗(明石商)課題克服のカギとなったのは「シャトル打ち」!?【前編】 【2020年インタビュー】
第1267回 高校1年から騒がせた超高校級右腕・中森俊介の知られざるラストイヤーの取り組み【前編】 【2020年インタビュー】
天理vs橿原【奈良県 2020年秋の大会 令和元年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
明石商vs桐生第一【2020年甲子園高校野球交流試合】
広島新庄vs天理【2020年甲子園高校野球交流試合】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
坂口 翔颯(報徳学園) 【選手名鑑】
三宅 雄雅(報徳学園) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
1946年以来の総当たり1回戦となる東京六大学。54年前の夏は戦後初の優勝をかけた戦いだった
次の記事:
福岡は4地区大会の開催を断念。各都道府県の大会中止・延期情報リスト
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る