目標は「甲子園1勝」 立命館守山が滋賀の頂点に挑む【後編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.01

エースの信次陽和(立命館守山)

【野球部訪問】
立命館守山の野球部訪問【後編】

 秋の滋賀大会は2回戦からの登場。初戦は夏準優勝の光泉と対戦した。試合は1回表に景山の先制タイムリーなどで4点を奪うと、そのまま逃げ切り6対2で勝利。強敵を倒した勢いに乗って一気に決勝まで進出した。

 秋は週末に試合が行われるため、1週間ごとに次の試合に向けて対策を練ることができる。「相手がわかっている状態で映像を見てミーティングをして、試合をして、勝てて嬉しいという循環になりましたね」(秋武監督)とチームの歯車は上手く噛み合っていた。しかし…

(続きを読む)

【目次】
[1]本気で甲子園へ、課題が明確になった秋
[2]一番の課題は投手力

関連記事
◆秋の大阪王者・大阪桐蔭の野球部訪問を読む⇒ブームが起きそうな大阪桐蔭の効率的ボール回し、体幹トレーニングを特別公開!
2016年創部の立命館守山(滋賀)!1年間の歩みを振り返る
◆秋の大阪ベスト4・金光大阪の野球部訪問を読む⇒窮地に対して動じずに凌ぎ切った夏。現実を突きつけられた秋 金光大阪(大阪)

【関連記事】
春季滋賀大会の中止決定。新型コロナウイルスによる各都道府県の大会中止・延期情報リスト! 【ニュース - 高校野球関連】
昨秋滋賀8強入りを果たした実力校!瀬田工(滋賀)の注目は6人の投手陣【後編】 【ニュース - コラム】
第1015回 昨秋滋賀8強入りを果たした実力校!瀬田工(滋賀)の注目選手はエース・小辻だけではない【後編】【野球部訪問】
第1132回 投手を経験しさらにレベルアップした捕手技術でチームを勝利に導く!景山透唯(立命館守山) 【後編】 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1015回 「甲子園1勝」を目標に 秋の大会がもたらした選手の意識の変化と課題 立命館守山(滋賀)【後編】【野球部訪問】
第1015回 「創部4年」「グラウンドなし」の立命館守山(滋賀)が近畿大会出場できた理由【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第988回 【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
近江vs立命館守山【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
立命館守山vs八幡【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
立命館守山vs八幡【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第704回 スーパー中学生・樋上颯太(湖南ボーイズ) 進化し続ける剛腕が目指すは侍ジャパン! 【2018年インタビュー】
立命館守山 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
オープン戦で順調な調整を見せた巨人・菅野智之(東海大相模出身) 分岐点となる2020年に再び“無双状態”を見せるか
次の記事:
杉谷拳士はスイッチヒッターを極められるか?スタメン奪取に向けて首脳陣へアピール!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る