活性酵素を増えすぎを防ぐには

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.15

紫外線を浴びることや激しい運動は体内に活性酸素を発生させる

【セルフコンディショニングコラム】
活性酸素から体を守ろう

 センバツの出場校も決まり、日ごとに夕方の時間帯が明るくなってきました。もう少しで野球シーズンも解禁となりますね。オフシーズンに取り組んだことが野球のレベルアップにつながることを期待しながら、毎日がんばっていることと思います。さて今回は屋外で活動するアスリートにとって知っておきたい知識の一つ「活性酸素」について考えてみたいと思います。

(続きを読む)

【目次】
[1]活性酵素の問題点とは?
[2]増えすぎを防ぐ方法

【関連記事】
段階的に練習すべし!部活動再開に向けての注意点を考えてみよう! 【ニュース - コラム】
第241回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
運動量と運動強度を考慮しよう 【ニュース - ヘルスニュース】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第239回 パフォーマンスアップにつながるウォームアップ【セルフコンディショニングのススメ】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る