テーピングの考え方を知り、正しくテーピングしよう!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.31

テーピングを行うと「安心してプレーできる」という選手も少なくない

【セルフコンディショニングコラム】
テーピングの考え方を知ろう

 オフシーズン期も後半戦となり、トレーニングや技術練習、基本動作の反復練習などそれぞれのチームでいろいろなことに取り組んでいることと思います。やっていることに違いはあっても目指すところは「野球のパフォーマンス向上」「ケガを未然に防ぐ」ことではないでしょうか。さて今回はケガの再発予防に使われることの多いテーピングの考え方についてお話をしようと思います。

(続きを読む)

【目次】
[1]何のためにテーピングを行うのか
[2]テーピングの注意点

【関連記事】
肩の力を抜こう 【ニュース - ヘルスニュース】
段階的に練習すべし!部活動再開に向けての注意点を考えてみよう! 【ニュース - コラム】
第241回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第239回 パフォーマンスアップにつながるウォームアップ【セルフコンディショニングのススメ】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
国士館、早稲田実業などがベスト8へ!4回戦の4試合を徹底レポート!【東京大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る