春のセンバツで度肝を抜かれたゴジラ・松井秀喜の本塁打をプレイバック!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.27

星稜高校時代の松井 秀喜

【センバツ特集コラム】
春のセンバツで度肝を抜かれたゴジラ・松井秀喜の本塁打をプレーバック!

 甲子園での5敬遠によって、甲子園の伝説になった松井 秀喜。その松井の甲子園での足跡を辿る。星稜高校の松井 秀喜が甲子園に登場したのは1990年夏である。初戦敗退した日大鶴ヶ丘高戦は3打数0安打だったが、石川県大会で左右方向に2本塁打した長打力と柔軟性は早い段階から評判を呼んでいて、甲子園での立ち居振る舞いや打席での投手を圧倒する盤石の構えは、前評判の高さを十分すぎるほど納得させた。(記事掲載日:2017年3月11日)

(続きを読む)

【目次】
[1]その打撃はもはや高校生ではなかった
[2]伝説の高みを持ち上げた5連続敬遠

【関連記事】
プロ志望届けを出した速球派右腕など国士舘大学の新入生から7名の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
ちょうど1年前の3月28日の選抜甲子園 智辯和歌山打線が猛威を奮い、習志野が奥川を攻略 【ニュース - 高校野球関連】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
松井 秀喜(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
創成館が海星を下して、春・夏連続甲子園へ!【選手権長崎大会・22日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る