大阪桐蔭・西谷監督が語るが語る「一流選手になる条件」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.23

西谷浩一監督

【名将たちの言葉】
史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件

 全国制覇8度を誇る大阪桐蔭大阪桐蔭といえば、全国各地の逸材が集まるチームとして有名になった。それは関係者の熱心なリクルーティング、これまでの実績、練習環境、活躍するプロ野球選手の多さ...などいろいろな要因があるだろう。今回、西谷浩一監督に中学生を見るポイントを聞いてみると、一流選手になれる選手の条件が見えてきた。

(続きを読む)

【目次】
[1]大阪桐蔭でプレーするのに、必要な2つのマインド
[2]「野球が楽しい」の定義を考える


関連記事
他の野球部訪問の記事はこちら
◆エース・高橋宏斗の意気込みを見てみる⇒「自分の強みと弱み」を知っている剛腕は驕ることなく世代ナンバーワンピッチャーへ!
◆主将・印出太一の歩みに迫る⇒「高橋監督を日本一の男にする!」と宣言した男気溢れる大型捕手!

【関連記事】
今年は智辯和歌山、京都国際など3位も強力!過去10年の近畿優勝一覧と出場順位内訳 【ニュース - 高校野球関連】
浅村栄斗が大阪桐蔭出身初の3年連続30本塁打! 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
「文武一致」で春に向け成長を続ける長岡大手の冬!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る