野球部訪問!
「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)

 2019年、秋季徳島県大会で3位に入り、初出場となった秋季四国大会でも最速147キロ右腕・内田 悠太(2年)擁する大手前高松(香川)を破り1勝をあげた徳島県立城東高等学校。決して恵まれた練習環境ではない城東が、なぜこのような強さを発揮できているのか?

(続きを読む)

【目次】
[1]平日3時間足らず、1/4グラウンドでもできる「野球研究」
[2]過去に「探究」加え、成果残した2019年秋/歴史を知り、積み上げ、新たな歴史を創る

関連記事
他の野球部訪問の記事はこちら
◆神宮優勝校・中京大中京に迫る⇒夏の準決勝敗退から始まった神宮大会優勝 日本一を狙う中京大中京の課題は
四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感