2020年の四国野球はどう動く?四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.11

高校通算29本塁打の山田 響(済美)


四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感

 ついに東京五輪イヤーの2020年がスタート。首都から1000㎞近く離れた四国地区でも徐々に世界最大のスポーツイベントへの機運が高まっている。ではその中で四国の伝統工芸ともいえる「野球」はどのように進んでいこうとしているのか?現状紹介も交えながら占っていきたい。

(記事を読む)

【目次】
[1]高校年代は「ホップ」大学年代は「ステップ」社会人は「ジャンプ」の2020
[2]四国アイランドリーグplus「ドラフト最多指名」へ。NPBもイベント多し

【関連記事】
奥川恭伸はどうなる? ヤクルト高卒投手たちの1年目 【ニュース - 高校野球関連】
高卒社会人投手のドラ1・河野竜生は1年目から結果を残せるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1020回 会社・スタッフ・地域…… 「このチームで」日本一にるために  河野 竜生(JFE西日本) 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
安樂智大(済美)
大手前高松 【高校別データ】
観音寺一 【高校別データ】
海部 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
尽誠学園 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】
松山東 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
バットのヘッドが遠回りしてしまう理由 殖栗トレーナーのバッティング理論vol.15
次の記事:
ベースボールライター・小関順二氏が振り返る『PL学園の輝かしい軌跡』
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る