• トップ
  • 宮崎
  • ニュース
  • コラム
  • 武田翔太(ソフトバンク)も、恩師も、スカウトも「あの試合が成長のターニングポイント」と振り返った大分遠征

武田翔太(ソフトバンク)も、恩師も、スカウトも「あの試合が成長のターニングポイント」と振り返った大分遠征

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.08

武田 翔太(宮崎日大時代)

■高校野球ドットコム 恩師が語るヒーローの高校時代 NEW!!
武田 翔太選手(宮崎日大-福岡ソフトバンクホークス)【vol.2】「成長のターニングポイントとなった大分遠征」

  巨大戦力を誇る福岡ソフトバンクにおいて、潜在能力はトップクラスなのが武田翔太(宮崎日大出身)だろう。2011年ドラフト1位でソフトバンクに入団し、1年目から8勝を挙げた。2016年には14勝を挙げ、2017年にはWBCを経験した。プロ8年で通算57勝。そのうち完封勝利が7と、調子が良い時は手を付けられないものがある。

 そんな武田の高校時代を当時、指導していた河邊 寿樹氏について語ってもらった。第2回では成長の分岐点となった大分遠征や最後の夏の大会の模様を追っていきます。(記事を読む)

【目次】
[1]きつい練習でも顔に出さず黙々と取り組める姿勢が武田にはあった
[2]成長の分岐点となった大分遠征
[3]屈辱の準々決勝敗退

【関連記事】
「絶対にプロに行け」周東佑京の福岡ソフトバンクホークス入団を後押しした恩師・樋越勉監督(東農大) 【ニュース - コラム】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
昨年は広島駅で後輩・小園にバッタリ 鷹のドラ1ルーキー・佐藤直樹(報徳学園出身)がOP戦で存在感を見せ続ける 【ニュース - 高校野球関連】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第94回 多摩大聖ヶ丘時代に通算38発を放ったソフトバンク・福田秀平がFA宣言【高校野球コラム】
第8回 「育成力を武器に将来の主軸候補を」スポーツライター・小関順二さんがソフトバンクのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第92回 カーター・スチュワート・ジュニア(福岡ソフトバンクホークス/投手)無限大の将来性を持ってフロリダからやってきた「若鷹右腕」 【高校野球コラム】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第929回 春夏連続を狙う日章学園に夏に仕上げる日南学園!小林西の好投手・鶴田にも注目!【大会展望・総括コラム】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
聖心ウルスラvs宮崎日大【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎日大vs宮崎学園【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎日大vs宮崎第一【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
都城東vs宮崎日大【宮崎県 2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会】
日大三vs宮崎日大【2017年 練習試合(交流試合)・春】
武田 翔太(宮崎日大) 【選手名鑑】
宮崎日大 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【選手名鑑】松井稼頭央2世!川野涼多(九州学院-西武ライオンズ)の魅力に迫る!
次の記事:
恐怖の2番打者・加藤響(東海大相模)「狙うは全国制覇」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る