兵庫の伝統校として再起に挑む育英の現在地とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.09

安田聖寛監督

野球部訪問!
「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】

 春13回、夏6回の甲子園出場経験があり、1993年夏には全国制覇を成し遂げた育英。兵庫県の高校野球を代表する名門校だったが、2005年春を最後に甲子園から遠ざかっている。本気でセンバツを狙いに行った秋は3回戦で報徳学園に0対1で敗退。20年ぶりに夏の甲子園を目指す伝統校の現在地に迫った。

(コラムを読む)

【目次】
[1]「甲子園に行かないのが当たり前となってしまっている」

関連記事
他の野球部訪問の記事はこちら
「今春の選抜の顔・来田涼斗(明石商)!今、明かされる小・中学時代の伝説!【前編】
兵庫県選抜vs関西国際大 2019年 練習試合(交流試合)・秋 強化試合

【関連記事】
【2020選抜】名門校ずらり!代表校決定直前に過去5年の近畿地区”残り2枠”を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
2年春の選抜の悔しさを乗り越え、最後の夏で甲子園で躍動した涌井秀章の高校時代 【ニュース - 高校野球関連】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】 【2020年インタビュー】
第1094回 最速151キロ、二季連続甲子園ベスト4と全国的な活躍も…。もがき苦しんだ中森俊介(明石商)の2019年【前編】 【2020年インタビュー】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs神戸国際大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中! 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
育英 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【選手名鑑】中京大中京の大型捕手・印出 太一の寸評を更新!さらに評価を高めるに必要なこと
次の記事:
【動画】藤江星河(大阪桐蔭)の切れ味抜群のクロスファイアー!決め球のチェンジアップも解説!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る