兵庫の伝統校として再起に挑む育英の現在地とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.09

安田聖寛監督

野球部訪問!
「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】

 春13回、夏6回の甲子園出場経験があり、1993年夏には全国制覇を成し遂げた育英。兵庫県の高校野球を代表する名門校だったが、2005年春を最後に甲子園から遠ざかっている。本気でセンバツを狙いに行った秋は3回戦で報徳学園に0対1で敗退。20年ぶりに夏の甲子園を目指す伝統校の現在地に迫った。

(コラムを読む)

【目次】
[1]「甲子園に行かないのが当たり前となってしまっている」

関連記事
他の野球部訪問の記事はこちら
「今春の選抜の顔・来田涼斗(明石商)!今、明かされる小・中学時代の伝説!【前編】
兵庫県選抜vs関西国際大 2019年 練習試合(交流試合)・秋 強化試合

【関連記事】
2020年の常総学院は一條力真、菊地竜雅のダブルエースだけではない。投打に魅力的な選手が大会に臨む!【後編】 【ニュース - コラム】
力強さとしなやかさを備えた選手を作り上げる常総学院の練習メソッド【前編】 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs神戸国際大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商 【高校別データ】
育英 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
神宮第二誕生のきっかけ、そして清宮幸太郎ら神宮第二で活躍した名選手たち
次の記事:
ヤクルト川端慎吾ら意外に多い和歌山県の高校出身者たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る