富山商(左)、高岡商(右)

【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
時代の流れの中でも未だ衰えることなく健在の富山商vs高岡商

 これまでの富山県で台頭してきたのは高岡商富山商という二つの伝統商業校だった。ここ3年間も連続で夏の富山大会は高岡商が制し、2018(平成30)年春は富山商がセンバツ出場を果たすなど、やはり高岡商と富山商が県内高校野球をリードする存在として健在だ。今回はそんな2校の歴史を振り返っていく。

(続きを読む)

関連記事
県立高松商(香川)「超伝統校のモダンベースボール」さらなる高みへ
選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」
豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島)