令和最初の静岡の春は浜松商が制すなど、復活の気配を感じる静岡県の「公立3商業勢」の歴史に迫る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.21

2019年春季静岡県大会を制した静岡商

【公立校特集】
昭和~平成を彩った公立商業校・工業校④ 徐々に復活の匂いを醸し出している静岡県伝統の公立3商業勢

 静岡県の高校(中等)野球の全国での歴史は、1924(大正13)年夏に静岡中(現静岡)が初めて全国に姿を現したところから始まる。今回はそんな静岡の高校野球の歴史の中から、昭和~平成を彩った公立商業校・工業校の戦いを振り返っていく。

(続きを読む)

【目次】
[1]長らく静岡を牽引してきた公立3商業勢
[2]令和最初の春を浜松商が16年ぶりに制す

【関連記事】
山本由伸など投手の大豊作の1998年世代。野手で急浮上している選手は?? 【ニュース - 高校野球関連】
楽天・黒川史陽に期待したい生え抜き初となる20本塁打の壁 【ニュース - 高校野球関連】
第18回 津商業(三重県) 「打倒中京大中京」を掲げ冬を越す!【冬が僕らを強くする2020】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第2回 昭和~平成を彩った公立商業校・工業校 徐々に復活の匂いを醸し出している静岡県伝統の公立3商業勢【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第989回 【秋季静岡県大会】藤枝明誠や加藤学園などフレッシュな顔ぶれの来春以降の成長に注目!【大会展望・総括コラム】
第1回 昭和・平成を彩った名門公立校・大府(愛知)が残してきた足跡 槇原寛巳や赤星憲広なども輩出【公立校特集】
静岡商vs聖隷クリストファー【静岡県 2019年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
藤枝明誠vs加藤学園【静岡県 2019年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
静岡裾野シニアvs京葉ボーイズ【ジャイアンツカップ2019】
津田学園vs静岡【第101回全国高等学校野球選手権大会】
静岡商vs浜松開誠館【静岡県 2019年夏の大会 第101回選手権静岡大会】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第426回 県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」  【2016年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
小山 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
島田商 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
浜松商 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
森 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
世界大会後にプロ希望を表明した水上桂(明石商‐東北楽天7位)。武器は3年間で培った観察力!
次の記事:
悲願の選抜初優勝へ!福知山成美女子のオフの課題は走り方?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る