2019滋賀の高校野球を象徴する漢字1文字を、現地記者から発表!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.25

秋の滋賀王者に輝いた近江

【高校野球コラム】
滋賀の高校野球2019を漢字1文字で例えて振り返る!

 年末の恒例行事と言えば「今年の漢字」だ。今年の世相を表すに相応しい感じを全国から募集し、最も応募数の多かった一字が毎年12月12日に京都の清水寺で発表される。
 1995年から続いているこの行事は次第に日本国民の間に深く定着した。

 筆者が住んでいる滋賀県の高校野球で「今年の漢字」を決めるとしたら「連」を選出したい。
 選出した理由は以下の通りだ。

(続きを読む)


関連記事
土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】
シード校の彦根東が比叡山との伝統校対決を制す
【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋

【関連記事】
第1240回 【後編】現役続行か引退か。ドラフトに命運をかける千葉葵(滋賀学園)の覚悟 【2020年インタビュー】
第1239回 夏未登板もスカウトが熱視線。大型左腕・千葉葵(滋賀学園)が復活するまで【前編】 【2020年インタビュー】
【動画】夏は未登板ながらスカウト熱視線。大型左腕・千葉葵(滋賀学園)のここでしか見られないガチブルペン 【ニュース - 高校野球関連】
東北楽天の岩見 雅紀(比叡山出身)が1軍初アーチ。六大学が生んだ大砲は覚醒なるか 【ニュース - 高校野球関連】
第263回 覚悟の強さを感じた超高校級の遊撃手・土田龍空(近江)の高卒プロ入りへの思い【ドラフト特集コラム】
第255回 中山、早、土田、西野など...合同練習初日で超高校級のパフォーマンスを示した8人の逸材たち【ドラフト特集コラム】
近江vs水口東【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江兄弟社vs大津商【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
滋賀学園vs近江兄弟社【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs瀬田工【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
有馬 諒(近江) 【選手名鑑】
家田 陸翔(近江) 【選手名鑑】
北村 恵吾(近江) 【選手名鑑】
住谷 湧也(近江) 【選手名鑑】
土田 龍空(近江) 【選手名鑑】
林 優樹(近江) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
滋賀学園 【高校別データ】
比叡山 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
初実戦で白星スタート!滋賀県選抜が大学生相手に勝利した一戦の模様を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る