【高校野球コラム】
滋賀の高校野球2019を漢字1文字で例えて振り返る!

 年末の恒例行事と言えば「今年の漢字」だ。今年の世相を表すに相応しい感じを全国から募集し、最も応募数の多かった一字が毎年12月12日に京都の清水寺で発表される。
 1995年から続いているこの行事は次第に日本国民の間に深く定着した。

 筆者が住んでいる滋賀県の高校野球で「今年の漢字」を決めるとしたら「連」を選出したい。
 選出した理由は以下の通りだ。

(続きを読む)


関連記事
土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】
シード校の彦根東が比叡山との伝統校対決を制す
【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋