2019沖縄で流行った応援歌ベスト3を発表!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.27

東海大菅生高校吹奏楽部

【高校野球コラム】
2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?

 球児たちが真剣勝負を繰り広げるグラウンド。その戦いの背中を押すのが各校のブラスバンドでしょう。
 智辯和歌山のジョックロックや、大阪桐蔭のWe will Rock'youなど全国には多くの有名な応援歌があります。

 その中で、沖縄の球児たちの心を捉え、流行ったブラバンは何か記憶を呼び覚ましつつ、また僕の野球仲間たちにも聞き情報を探りつつ、流行っていた応援歌を紹介します。

(続きを読む)

【関連記事】
元プロの若林監督も絶賛!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の歩み 【ニュース - インタビュー】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
石川昂弥(東邦出身)、遠藤成(東海大相模出身)が揃ってホームラン。打撃フォームから見る2人の成長 【ニュース - 高校野球関連】
第27回 チーム内での競争激化が、来る春そして夏への二連覇をもらたす 沖縄尚学(沖縄)【冬が僕らを強くする2020】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
日本ウェルネスvs首里【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
浦添商 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
首里 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
西原 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
ソフトバンク・内川聖一が活躍し続けるわけ。それは己を弱さを認められるからだった
次の記事:
政記者が選ぶ、鹿児島の2019ベストゲームとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る