波乱が多かった沖縄の秋!来春以降も気になる学校を総括で振り返る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.06

秋の沖縄を振り返る

【大会総括】
【秋季沖縄県大会】沖縄尚学が投打で力を発揮しつつも、波乱を起こす新星が現れた沖縄の秋

 令和元年、沖縄の秋を制したのは沖縄尚学。第101回全国高等学校野球選手権大会で、二年生7名がベンチ入りしただけあり、投打で他チームを引き離していたのが目を引いた。また八重山農の12人旋風など、去った秋の大会を各ブロック毎に振り返ってみる。

(続きを読む)

関連記事
第69回 沖縄県高等学校野球秋季大会
高校野球が頂点?小さな島国からプロ野球選手を輩出し続ける沖縄の野球
1年夏に鮮烈デビュー!興南期待の新主将・西里颯のポテンシャル

【関連記事】
知念vs嘉手納【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
興南をコールドで破った新鋭・日本ウェルネスはどんなチームなのか? 【ニュース - 高校野球関連】
沖縄で波乱!創部3年目の新鋭・日本ウェルネスが強豪・興南をコールド勝ち!【31日の結果・沖縄県】 【ニュース - 高校野球関連】
美里工vs前原【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
宜野湾vs昭和薬大附【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第27回 チーム内での競争激化が、来る春そして夏への二連覇をもらたす 沖縄尚学(沖縄)【冬が僕らを強くする2020】
第1015回 意外と見落とされがちな投手のフィールディング。プロ志望投手必見の興南の超効率的な守備練習!【後編】【野球部訪問】
第1015回 2年ぶりの甲子園へ 興南(沖縄)の課題とキーマンは??【前編】【野球部訪問】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
糸満 【高校別データ】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
具志川 【高校別データ】
具志川商 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
名護商工 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
那覇工・陽明 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
八重山農林 【高校別データ】
与勝 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
超名門・龍谷大平安で俊足の「1番・センター」が多い理由とは?
次の記事:
2018年の侍ジャパンU-15日本代表の現在地を紹介!選抜甲子園には5名が出場の可能性
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る