2018年の侍ジャパンU-15日本代表の現在地を紹介!選抜甲子園には5名が出場の可能性

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.06

夏の甲子園のマウンドも経験した智辯学園の小畠一心

【高校野球コラム】
2018年の侍ジャパンU-15日本代表の現在地 選抜甲子園には5名が出場の可能性

 愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2019」。侍ジャパンU-15代表は、11月24日のチャイニーズ・タイペイ戦で10対0の5回コールド勝ちを収めて5大会連続優勝を達成した。

 過去を遡ってみても、U-15日本代表の選手たちの多くは高校野球の舞台でもやはり活躍を見せる。そこで今回は、2018年の侍ジャパンU-15日本代表に選出された選手たちを振り返り、現在の高校野球での活躍を追っていきたい。

(続きを読む)

【目次】
[1]甲子園一番乗りは小畠一心、杉下海生も神宮で存在感
[2]選抜出場は難しくもチームの主力となった元U-15代表たち

【関連記事】
西日本の名門校も逸材が豊富!2003年世代の新2年生注目バッターを紹介! 【ニュース - コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
名門・東京城南ボーイズでは野球の問題集で「イメージトレーニング」 【ニュース - 中学野球関連】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1133回 強打の天理の中で守備の人・杉下海生(天理)。目指すは「U-18代表のショート」 【2020年インタビュー】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
U-15日本代表vsフィリピン代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vsチャイニーズ・タイペイ代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vs松山市代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
東海大菅生vs多摩大目黒【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第923回 「野球が上手くなるための才能」を備えたU-15日本代表 小畠一心(オール住之江ヤング)【前編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第909回 責任感と自覚が芽生えた「負けず嫌いなムードメーカー」 角田蒼汰(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
池田 陵真(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
小畠 一心(智辯学園) 【選手名鑑】
金井 慎之介(横浜) 【選手名鑑】
齋藤 広空(日大三) 【選手名鑑】
杉下 海生(天理) 【選手名鑑】
竹中 勇登(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
本田 峻也(東海大菅生) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
福岡にいたガチな二刀流・高山維月(福岡志免ボーイズ)が面白い。目標実現へメンタル強化!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る