• トップ
  • 和歌山
  • ニュース
  • コラム
  • 高校野球界を代表する名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限の意義や問題点

高校野球界を代表する名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限の意義や問題点

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.06

左から中村順司氏(PL学園元監督) 高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)


球史に名を刻む名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限
NEW!!

 来年のセンバツから適用される「1投手の1週間の投球数は500球以内」という球数制限に関するルール。このルールについて共に一時代を築いた名将、元智辯和歌山監督・高嶋仁氏、元PL学園監督・中村順司氏はどう思っているのか。監督だったからこその球数制限に関する考え方、新ルールに潜む危険性などを語ってもらいました。

(続きを読む)

 

関連記事
来春の選抜から1週間500球以内に!昨春優勝の東邦から見えるエースをうまく使うコツ
来春の選抜から導入!球数制限問題の重要性を確認しよう!
大学野球に進んだ投手で故障の経験がない投手はほとんどいない 川村卓監督(筑波大)が現状を語る vol.1

【関連記事】
ちょうど1年前の3月30日の選抜甲子園 東邦、明石商、智辯和歌山の3校が順当に8強へ 【ニュース - 高校野球関連】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
プロ入りしなかった注目の'19甲子園球児はどこの大学・チームに進学した? 【ニュース - コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第18回 津商業(三重県) 「打倒中京大中京」を掲げ冬を越す!【冬が僕らを強くする2020】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs初芝立命館【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
仙台育英vs智辯和歌山【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
智辯和歌山vs星稜【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
球数制限問題
智辯和歌山 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
ウインターリーグで好調な根尾昂はどこのポジションで花開くか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る