槇原寛巳や赤星憲広なども輩出!公立の雄・大府が残した足跡

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.01

公立の雄・大府高校 ※写真はイメージ

【公立校特集】
昭和・平成を彩った名門公立校・大府(愛知)が残してきた足跡 槇原寛巳や赤星憲広なども輩出

 戦前の中等野球時代から、愛知県では「愛知4商」と呼ばれる存在があって、圧倒的な強さを示していた。それが、戦後の学制改革を経て、公立校の愛知商が学校再編成などを経てやや状況が変化していったのに代わり、名古屋電工(通称名電工。その後、名古屋電気愛工大名電)が台頭してきた。そして、私学4強と言われる(中京商中京を経て)中京大中京東邦享栄愛工大名電が、県内の公立校にとってはとても厚くて高い壁となっていた。

(続きを読む)

【目次】
[1]64年夏に初の甲子園へ
[2]愛知県内では最も多く甲子園出場を果たしている公立校に

【関連記事】
セ・打率1位の宮崎(厳木出身)とパ・盗塁数1位の荻野(郡山出身) 球界を牽引する数少ない公立校出身の2人 【ニュース - 高校野球関連】
大府vs半田商【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
【愛知独自大会】東浦が投手戦を制す!知多翔洋、大府らも勝利した11日の試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第2回 昭和~平成を彩った公立商業校・工業校 徐々に復活の匂いを醸し出している静岡県伝統の公立3商業勢【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
大府vs刈谷工【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
大府vs日本福祉大付【愛知県 第126回全尾張高等学校野球選手権大会】
日本福祉大付vs大府【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
豊川vs大府【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
大府 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
夏は大阪の「強いチームを倒す」。近代泉州(大阪)の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る